漫漫長夜中飛翔 借卵找到屬於我的幸福星光

我們夫妻是在 40 多歲時相遇後結婚,經歷 2 年的不孕治療後因為始終沒有成功,在放棄之前討論是否要選擇借卵。因為在日本借卵有非常多限制,且對於借卵的規範十分模糊。在加上「如果借卵所生的孩子與自己不像的話,我真的還會覺得他可愛嗎?」這樣的疑惑,讓我沒有自信走向借卵這條路...
2019-01-04
作者 客戶分享

我們夫妻倆是在 40 多歲時相遇後結婚,經歷 2 年的不孕治療後因為始終沒有成功,我們在放棄之前討論是否要選擇借卵。

因為在日本借卵有非常多限制,並且對於借卵的規範十分模糊。在加上「如果借卵所生的孩子與自己不像的話,我真的還會覺得他可愛嗎?」這樣的疑惑,讓我沒有自信走向借卵這條路。

不過,我真心希望能實現我們夫妻倆「想要孩子」的願望,我在上網查資料時,剛好點擊了一個論壇。在那個論壇上,日本的女性們都很積極地交流信息。久而久之,我感覺自己就像是論壇內的其中一員,我開始有了想要詢問問題的想法。

同時,我在國外的朋友告訴了我有關送子鳥生殖中心可以借卵的事,並且告訴了我日語諮詢師的電子郵箱,聽從了朋友的建議和鼓勵後,我寫信過去,很快的就得到了回覆。

就這樣緩緩的,對於借卵的排斥與不安,透過網路論壇的支持以及日語諮詢師的應對與送子鳥生殖中心所給人一種很舒服環境,逐漸的消失,反而轉變成期待孩子出生的喜悅與勇氣。一切都很順利,沒有任何問題的完成了植入胚胎。送子鳥的員工們都相當的專業,都是年輕又可愛親切的女性員工。對我來說我覺得這個建築物並不是醫院,而是一個美麗又同時讓人輕鬆的空間,它讓我感覺輕鬆自在。

最後,對於「不像自己的孩子,還會覺得可愛嗎?」這個問題,我意識到:不需要理會是不是借卵、親生母親到底是誰,而是從我懷孕到生產後撫養他長大,如此培育出的親情才是重點。現在我覺得孩子可愛到讓我受不了。說實話,在孩子出生前我一直很在意孩子的外觀。不過,當我第一次抱著我剛出生的女兒時,我內心的感動以及對於她的愛,早就超越了外觀一事,而且她長得比我想像的還要可愛很多。

最後的結論,借卵對於我而言,已經是一個正面積極且光明的經驗。而我也希望有一天,日本也能夠開放借卵。

 

私達夫婦は、40代で出会い結婚。不妊治療に2年間挑戦するも結果が出ず。あきらめる前に卵子提供という選択について考えました。

当時の私は、日本で未だ限定的にしか認められていない卵子提供に対しては、漠然とした抵抗がありました。さらに、自分に似ていない子供を本当に可愛いと思えるのかどうか、自信を持てませんでした。

それでも、「子供が欲しい」という夫の望みを叶えたい気持ちが残っていたので、調べてみると、ある掲示板にヒットしました。そこでは日本の女性達が、情熱を持って、活発に情報交換していました。いつしか、私もその一人であるかのような気持ちになり、まずは問い合わせてみようという意欲が湧きました。

海外の友人から聞いたコウノトリクリニックのスタッフにメールをしてみると、すぐに返事をもらい、スムーズに事が運び、なんのトラブルも無く移植まで進みました。スタッフ達はプロフェッショナルであるのはもちろん、若くて可愛いフレンドリーな女性ばかりで、友人のようにアドバイスをもらったり励まされたりしました。建物も病院とは思えない、おしゃれでリラックスした空間だった事も気持ちを楽にしてくれました。

こうして、卵子提供に対する抵抗や不安は、ネットの掲示板やクリニックの対応や環境によって、ほぐれて、子を持つことへの楽しみや勇気へと変わっていきました。

最後に、「自分に似ていない子供を可愛いと思えるか」についてですが、卵子提供如何に関わらず、母親は誰でも、妊娠、出産、そして育児を通じて、その愛情は育まれるものなんだと気づきました。今ではもう可愛くて可愛くてたまりません。正直、産まれてくるまで、ずっとずっと、子供の容姿の事が気になっていました。ところが、産まれたばかりの娘を初めて抱いた時、容姿云々を越えて、その感触に心から愛おしいと感じました。気になっていた容姿も、希望以上にとても可愛いです。

結論、卵子提供は、私にとって、ポジティブで明るくて楽しい経験になりました。いつの日か、日本でも、この話題が、よりオープンになる日が来るといいなぁと思います。

評論

Celine
Celine
  1. 我們的緣分很特別,您是從一位日本凍卵客戶介紹而來。還記得那時候剛好跟凍卵客戶聊到,愛生育的四大雲端:台灣最大精子和卵子庫、凍存生育力、PGS和PGD、海外醫療服務,因為日本不能借卵借精,所以日本客戶會來送子鳥借卵借精。沒想到凍卵客戶一直記在心上,當您有難孕煩惱時,將資訊告訴了您,讓您多了一個選擇不一樣人生的契機。

  2. 我想或多或少在剛聽到借卵時都會有所排斥,會擔心卵子捐贈者是否健康、孩子的長相...等等,就如同送子鳥生殖中心季刊【愛沐生活 iVie 第 23 期 — 被討厭的幸福】 提到有一種幸福是被討厭的,因為借卵的掙扎與糾結才會讓此幸福被討厭。一開始這位客戶也有一樣的想法,但當孩子生下後才發現這被討厭的幸福,其實是真真實實的美好幸福。

  3. 客戶在送子鳥借卵的幸孕數字:
     

    解凍卵子

    解凍後存活卵子

    正常受精卵 囊胚 植入 結果

    顆數

    17 14 11 6 Day5:4AA 已順利生下寶寶

留言